【いろいろな動物たちが登場!】

HOME > まずはサクッと8種類の動物を紹介♪

まずはサクッと8種類の動物を紹介♪

【動物の占いアルパカ】

職人気質の頑固一徹!?

アルパカは進化版の動物占いに登場する新しい動物です。
 
最近では成海璃子さんと一緒にテレビCMにも出ている、首が長ーいモコモコしたあの動物ですよね。

あのアルパカ、南米大陸原産の家畜の一種で、ラクダ科に分類されるビクーニャ属の模式種ビクーニャからの派生種だそうです。

体毛がとても良質なので、南米では衣類などの生活用品に用いられてきた歴史があります。

なんと欧米では、カシミアを凌ぐ高級品として人気です!
 
そんなアルパカ、草食動物で、柔らかな草や苔を好んで食べるのですが、硬い草は食べないなど、グルメ志向のこだわりやさんです。

好奇心が旺盛な半面臆病で、ちょっとしたことでびくっとすることがあります。

また、自分が気に入らないことがあると、におうツバを飛ばして相手を遠ざける習性も!

可愛らしい見た目とはちょっと違い、自分の意思のためには少し攻撃的なところがあるんですね。
 
そんなアルパカと診断された方は、ちょっと頑固で、縄張り意識を持っていますが、新しいものをみると気持ちが移ろいやすい傾向にあります。

時に大胆な行動を取りますが、本音では「やりすぎたかな?」と後悔することもありますので、物事を楽しみながら仲間を増やしていくよう心がけましょう。

恋愛傾向はその縄張り意識の強さからか、相手を束縛してしまう傾向があるかも・・・

でも、好きになった人には一途に尽くすタイプです。

【動物の占いもぐら】

前にも後ろにも猪突猛進!!

 
もぐらは漢字で「土竜」と書きます。

なぜこの字が使われるようになったのかというと、土を掘った跡のトンネルが竜のように見えたため、と言われていますが、中国で「土竜」というと、ミミズを指しています。

どうやら日本に「土竜」の漢字がやってきた時に、間違ってもぐらに当てはめられてしまったようです
 
このもぐら、実はとっても食いしん坊で、胃の中に12時間以上食物が無いと、餓死してしまうそうです!
 
動物の占いでもぐらと診断された方も、食べるのが大好きです。

周りの持っているイメージは内向的だけれども、実際には他人と交流することも厭わないタイプです。ただ、猪突猛進のところがあるので、周りを見ずに行動して、突然不意打ちを食らってしまうこともあるので、気をつけましょう!
 
【動物の占いうさぎ】

慎重派な恋愛体質!!

 
以前放映されていたドラマで、「ウサギは寂しいと死んでしまう」という話を聞いたことがありますか?

うさぎは寂しいだけでは死にませんが、ストレスや環境の変化に弱い生き物なので、コミュニケーション不足からくるストレスなどに過度にさらされると、衰弱してしまうことがあります。

また、ペットとしてかわれているウサギは、ストレスを感じた時、たまに自分の毛をむしってしまうことがあります。
 
動物の占いでうさぎと診断された方、心が繊細にできていて、愛らしいもの、可愛らしいものに興味をそそられる優しい人です。

派手な行動よりも慎ましさに重きを置くことで魅力を発揮し、はにかみ屋さんでさみしがり屋さんが多いです。

依存体質、恋愛体質なので、一途に恋をした結果、相手との思いのギャップを前に傷つくこともあります。

恋愛傾向は、相手が射程距離に入るととにかく一途です。ただ、もし発展が望めないとわかると、早々に見切りをつける強さも持っています。
 
【動物の占いラッコ】

ちょっと不器用な人情派!

 
自然界にいるラッコは群生動物で、常に十~数十頭の仲間とともに暮らしています。

また、グルメな食いしん坊としてもよく知られ、ウニ、アワビ、エビなどを好み、1日に体重の20~30%もの量を食べます。

カロリーにして、実に約5000~6000kcalにもなります。また、とってもこだわりやで、自分専用の石をひとつ持っており、大切に使い続けます。
 
動物の占いのラッコと診断された方は、とても平和を愛する、温厚な性格の持ち主です。

また、注意力や思慮深さがあるので、仕事では新しいことにも果敢にチャレンジしていき、人からの信頼を得やすく、尊敬され、他人の評価が高いでしょう。

ただし、ちょっと辛抱に欠けるところがありますので、自分の特性に合わない職業を選んでしまうと、上手くいきません。
 
恋愛においては一途、誠実ですが、不器用なので、相手にイニシアチブをとられると、うまく丸めこまれてしまう可能性があります。

計算高そうな人は寄せ付けないのが賢明です。

一度交際に発展すれば、相手に尽くすタイプです。

とにかく不器用なので、前に進むにあたっては、要所要所で人の助けを必要とする場面も少なくないでしょう。達できません。

【動物占いライオン】

仲間を守る人情深さで評価もうなぎのぼり!?

 
言わずと知れた、百獣の王ライオン。

ライオンは自分の家族を守るために日々闘っています。

雄ライオンは、家族とその縄張りを守るために他の雄ライオンと、雌ライオンは子どもを守るために狩りを、それぞれの役割を命がけで行っているのです。
 
動物の占いでライオンに属するあなたは、プライドと名誉をかけて闘うことをいとわない人です、一方で、人情味が非常に深いので、自分のことを後回しにしても、他人を助けたいと思い、行動することもしばしば。

行動力のみならず、直感が利き、判断力もあるので、仕事での評価も高いでしょう。

ただし、崖から子どもを突き落とすがごとく、完璧主義のところもあるので、独りよがりにならずに、周りとの調和をとれるように心がけましょう。
 
恋愛においては、非常にオープンです。好きになったらそれを隠そうとはせず、相手に向かって一直線に進みます。決断力もあるので、若くして電撃結婚なんてこともあるかもしれません!

【動物の占いねずみ】

サービス精神旺盛で、周囲の人気者!

ネズミの前歯は一生伸び続けるため、常に固いものをかじって前歯を減らしていかないと、伸びた前歯によって口をふさがれ、食べ物が食べられなくなってしまいます。

そのため、ネズミは常にちょこまか動いて物をかじっているイメージがあります。
 
動物の占いでネズミのタイプに属する人は、機敏にひょいひょいと動く人です。

新し物好きなので、目新しいものがあるとすぐに飛びつきチャレンジしていきますが、飽きっぽくもあるので、結果が見えてこないと諦めて投げだしてしまうこともよくあります。
 
サービス精神と機敏性からか、多くの人から好かれ、気が付けば人の輪の中心にいるような存在でしょう。

恋愛においては、いろいろな人に目移りしてしまうがゆえに、本人にその気はなくても、二股、三股疑惑なんてことが起こってしまうかもしれませんので、注意が必要です。

【動物の占いパンダ】

穏やかで人に安心感を与える律儀者!

パンダといえば、笹竹をひたすら食べているイメージがありますが、彼らはもともと肉食獣のため、実際には、与えれば鮭でも鱒でも食べます。

しかしながら、栄養価の低い笹竹を主食としているため、1日に12~16kgもの竹を食べます。

しかし、その摂取カロリーは4,500kcal程にしかならず、1日の消費量が4,000kcalであることを考えると、1日で摂取したものがほとんど消費されてしまう計算になります。

ですので、あまり無駄なエネルギーは使うわけにいかず、寝るか食べるかの生活を送っているのです。
 
パンダの特徴と言えば、そのどっしりとした雰囲気に愛らしい動きですが、動物の占いのパンダタイプの人も、愛らしさにあふれた人です。

繊細で心優しく、まず自分より人、と考えます。正義感が強く、義務をきっちり全うする律儀な人が多いです。

冒険心はあまりないので、面白みに欠けると言われることもあるかもしれませんが、人に安心感を与えられる存在は貴重です。
 
恋愛については、穏やかな性格から、異性の人気を獲得しやすいです。

保守的で、一途なので、家庭に入るととても家族を大切にします。


動物の占いのトップページへ

PAGE TOP